セラミドクリームを使うべき5つの理由

セラミドクリームを使うべき5つの理由

いつからか、女性の保湿は、「セラミドクリーム」に統一されて呼ばれるようにされる用になった。 皮膚の問題を訴える女性に「肌に合う保湿剤を選択してください」と言うと、10人中9人は「セラミドクリームですか?」と聞き返す。 しかし、意外にも、多くの皮膚の問題が保湿から開始されること、数多くの保湿剤のオプションが存在するという事実を知れば、あなたの肌の悩みは思ったより簡単に解決することができるだろう。

1.脂性肌には油分の供給過剰になる
化粧品売り場に行けば「保湿クリームもセラミドクリームは必ず塗る必要があります。乾燥肌になると肌は皮脂を多く分泌するそうです。にきびもより起こることがあります。だから、皮脂が多く出ないようにするためにも、セラミドクリームは必ず塗っていただく必要があります」とそれなりの論理の主張を繰り広げる。
セラミドクリームは、水分だけを含有して油分がないと間違って知られていることも脂性肌がセラミドクリームを使用する一因だ、実際には多くのオイル、ワックス、脂肪酸などを含有しており、以前に「栄養クリーム」と呼ばれた製品とも大きな差がない。 オイルの代わりに肌にしっとり感を与えるために添加された成分のほとんどは、オイルから抽出された成分おおおいので、毛穴を防ぎ、ニキビを引き起こす可能性はいくらでもある。
選び方のヒント:脂性肌なら、よりライトな水分エッセンス、水分ローションという名前でも販売されている。最も適当でつっぱり感がなく、分泌肌なら皮脂を吸着するスポンジ機能のローションを使用するのが良い。

2.敏感肌には刺激になる。
セラミドクリームのクールな清涼感が本当に「水分」から来たと信じているなら、あなたは本当に無邪気な消費者??である。クールな使用感は、セラミドクリームの中の揮発分のアルコールがその役割を担うために、多くの敏感肌の女性がセラミドクリームを塗る痛みの原因として作用する。
ジェルタイプのセラミドクリームを塗るだけで、顔がムズムズと感じた場合は、シリコンが原因である可能性が高い。油分を代わって製品良くしてしなやか、サラサラした仕上がりを与えるシリコン、一般的には、刺激がない成分に分類されるが敏感な肌の女性はかゆみを訴えている場合が多い。
選び方のヒント:肌が敏感であれば、シリコンよりオイル成分が入った保湿剤が皮膚により適している。あえてオーガニックブランドを固執する必要はない。肌バリアを確実にするには、むしろ鉱物であるミネラルオイルがより効果的である。実際にほとんどのミネラルオイルを主保湿剤として使用する。

3.乾燥肌に必要なのは油分
乾燥肌は水分が不足する前に、皮脂が不足している皮膚である。つまり足りない皮脂だけ油分が十分に含有されたクリームを選択しなければならに水分エッセンス、セラミドクリームなど「水分」にこだわっている場合を大幅に多く見られる。 乾燥肌が肌表面の不足している油分が皮膚の中の水分の蒸発を適切に守る出来ないのに、乾燥が加速されるので、他の肌タイプよりも強力な油分の膜を必要とする。

選び方のヒント:固体剤形の夜(balm)タイプの保湿剤を選択する。保湿夜の中に含まれたミネラルオイル、ペトロラトムのような鉱物油は植物油よりも厚い油分膜を作ってくれて数えバター、ココアバターのような植物性バターは、皮膚の温度によって徐々に溶けて肌のキメの間との間の水分が蒸発する隙間を防いでくれる。

4.紫外線ローションがより適している。
スキンケアにおいて保湿はオプションかもしれないが、紫外線遮断は必須である。
私たちはどうか、不要まい日中日焼け止めを使用する必要がするセラミドクリームに日焼け止め、ここにBBクリームまで加わったら、顔に3層のクリームが加えられることになる。毛穴が詰まってにきびが生じ、シミが生じるのは当然の事。
クリームタイプの日焼け止め、BBクリームユーザであれば、すでにその中に十分な保湿成分(グリセリン/オイル)が入っているので、保湿剤には、もう少しさっぱりローションがより適している。
選び方のヒント:紫外線遮断を必ず「日焼け止め」にする必要はない。
スキンケアを簡単にする外国の場合は、SPF 30程度のデイローション/クリームがたくさん発売される。
日焼け止めとデイローション/クリームの最も大きな違いであれば、防水機能の有無。
汗や皮脂に持続力を要する真夏を除いてデイローション/クリームは、ほぼすべての肌に、1年を通して潤いと紫外線遮断を同時にしてくれる製品に適している。

5.角質が問題であることもできる。
いくらセラミドクリームを塗っても肌の中のつっぱりが感じられたら、保湿剤をよりリッチなものを選択する前に、角質除去機能があるクリームと交互に使用して見るようにする。
肌が健康で潤いを維持するためには15?20階の適切な角質の厚さ、15%の水分を必要とする以前に脱落なるべき乾いた角質が厚く積もっている場合どのような良い成分、その角質を通過して皮膚の中で水分を伝達するのは難しい。
肌が乾燥していると、セラミドクリームだけをずっと重ね塗ったらむしろクリームの中の油分成分が角質を押し続けて脱落を妨げる可能性がある 。AHA 成分は角質除去機能と一緒に保湿作用を加えてくれ、BHA成分は水分不足型脂性肌の最大の原因である脂漏性角質除去に効果的である。

オススメの商品は、セラミドスタイルの天然の酒糀から生成したセラミドクリーム

Posted in: テーマ【セラミド】のリスト


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>