大震災で地震保険に入った

昨年の東北大震災は甚大な被害をもたらした。

大きな津波によって、家屋や車、様々な物が、海へ流される映像は、見る度に胸が痛む。

あの中に愛する人達や飼っていたペット、家畜達も居たのであろうと思えば、心を切り裂かれずに見る事は出来ない。

そして、しばらく経って我に返った、日本国民の多くが改めて「地震保険」に、加入する事も考えられたであろう。

かく言う我が家も火災保険には、随分前から入っていたが、地震保険は入っていなかった。

丁度そのような時に、懇意にしている保険屋さんの勧めで、ごくわずかな保険料の上乗せで地震保険に入る事になった。


地震保険は我が家のように、随分、古い家に住んでいる者にとっては、家が地震で揺れただけでも、ガタゴトと撓り、揺れている間中、怖い思いをするので、保険を掛けておけば安心していられるだろう。

地震保険は必要不可欠なものだった。

万が一にも倒壊するような事態に見舞われた時に、復旧する為の手持ち資金にも限りが有って、不安であるし、今回のような広範囲での大被害によって、家が流されたり、壊された家の持ち主にとっても、イザという時に掛けておいた地震保険によって、助かったのではなかろうか。


それにしても、今回のように3県をまたがる大地震で、数え切れない家屋や建物が被災し、大打撃を受けた。

いかに地震保険に入っていたとしても、一軒のお宅だけでも、相当な金額の補償が無ければ、生活をしていけない。

地震保険の支払いは、先ずは日々の生活が成り立つようにと、支払われるものなのだろう。

今も見通しのたたない生活を余儀なくされている、東北の被災者の方々の環境が一日も早く、整うように願ってやまないし、地震保険の支払いが立ち直る切欠となって欲しい。

Posted in: テーマ【地震保険】のリスト


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>